【体験談】妻に隠れてEDの治療…パートナーにも言えない男性の悩み

記事更新日: 2022/07/01 TRULY編集部

TRULY編集部

  • 年齢を重ねると、性別を問わず誰でもさまざまな不調を感じるものですが、男性特有の悩みのなかでも、他人に明かしにくい症状のひとつとされているのがED(勃起不全)。日本の成人男性の4人に1人がEDであるとも言われているほど、実は多くの人が抱えている悩みとされています。そこでTRULYでは、実際にEDの症状に見舞われているという45歳の男性Kさんにご自身の体験についてお話を伺いました。


  • 取材対象者

  • Kさん(会社員・45歳)

  • 家族構成:妻(育休中)、子ども2人(2歳、0歳)


  • 現在、2児の父でもあるKさんですが、EDの症状が出たのはまだ独身だった31歳の頃。年齢が若かったことと、突然のことにショックを受けてしまい、誰にも相談できないまま、病院に行くまでは半年かかったといいます。


  • 「インターネットで検索した記事を読んでいたら、精神的なものが関連していると知ったので、気分転換もしてみましたが、それでも改善されず。いろいろと調べるうちに、若くてもなることがわかったので、治療を受けることにしました


  • 当初は、病院に行くことに対してハードルが高いと感じていたそうですが、実際に受診してみたら、思っていたものとは違ったのだとか。


  • 問診のあと、勃起不全治療薬の内服を開始し、症状は改善しました。先生も話をよく聞いてくれる方だったので、続けて通うことができたと思います。治療内容には満足していたこともあり、42歳頃まで薬を飲み続けていましたが、2年前に仕事内容が変わったことが原因でうつ状態になり、EDの治療は中断。精神的な薬を飲むようになってから性欲が低下したのもありますが、EDの治療薬を飲まなくなってから、夫婦生活も自分から避けています


  • 夫婦でも言えないED患者の抱える不安

  • EDは夫婦関係においても大きな問題でもあるため、「妻が内心どう思っているのか気になっています」と話すKさん。現在0歳の第二子は不妊治療によって授かったそうですが、自身がEDであることも、通院していたこともいまだに伝えられていないのだとか。


  • 「夫婦生活の前にこっそりと薬を飲んでいたので、妻は僕がEDの治療薬を服用していたことは知りません。うつの治療薬を飲んでいなければ、EDの治療も続けていたと思います。薬代は月2万円ほどかかっていましたが、自分にとっては必要経費なので、治療をやめようと思ったことはありません。薬を飲むタイミングを計る必要がある以外は、不便に感じることも特になかったです。ただ、薬を飲まないとセックスができないので、『これから先ずっと薬に頼らなければいけないのか?』という不安はありました。」


  • 今後期待するのは、患者同士によるコミュニティの拡大

  • 治療を再開することも検討しているようですが、以前通っていたところが閉院してしまったため、インターネットでの口コミを参考に新たな病院を探すことも考えているのだといいます。そんななか、いま望んでいることとは?

  • 同世代で、同じような症状を持っている人たちのコミュニティがあればいいですね。悩みについて話したいですし、相談して楽になりたいという気持ちがあるので。おそらく、そういったものに参加したいと考えている人は多いと思います」


  • EDとは、男性にとって誰にも打ち明けられないほどデリケートな悩み。とはいえ、パートナーシップや妊活などにも関係することもあるため、一人で抱え込んでしまうのではなく、まずは医師やパートナーなどに相談することから始めてみましょう。

「TRULY」公式アカウントです

女医や専門家による正しい情報を配信中!

友達追加友だち追加はこちら

TRULY編集部

信じられる情報を、安心できる寄りどころを。

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

更年期カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。