【質問】耳鳴り、めまいがひどいです。耳鼻咽喉科を受診するべきですか?何か自分でできる対策はありますか?

記事更新日: 2020/06/22 TRULY編集部

【監修医師】巷岡彩子

  • 質問

    耳鳴り、めまいがひどいです。耳鼻咽喉科を受診するべきですか?何か自分でできる対策はありますか?


  • 回答


    めまいは、目が回ること、目がくらむこと、と表現され、更年期のみならず若年女性にも多く見られる症状です。更年期の女性では、疲労時にめまいや耳鳴りを感じる方が多く、特にふわふわするようなめまい(浮動性のめまい)が多く見られます。


  • 更年期の一症状としても多いめまいや耳鳴りですが、同様の症状を起こす他の疾患(メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、脳血管障害、脳腫瘍など)の可能性はないか精査が必要です。そのため、まずは耳鼻科へ受診することをおすすめします。受診の際は、いつ、どこで、何をしている時にめまいが出現するのか、ぐるぐる回るようなめまい(回転性)か、身体がふらつく、歩けないなど浮動性のめまいか、他の症状(耳鳴りや難聴など)を伴うかなど、詳細を伝えると良いでしょう。耳鼻科では聴力検査や平行機能の検査、頭位を変化させて眼振が出るかなどの検査を行います。中枢性のめまいが疑われる場合には、MRIの撮影や、脳神経外科へ受診になることもあります。


  • 強いめまいが急に起こった場合には、横になるか、楽な姿勢でしばらく安静を保つのが良いでしょう。原因が特定されないめまい症は、睡眠不足や疲労が誘因になることが多いです。ぐっすり眠る、マッサージを受けるなど、リラックスを心がけてください。


    (C) Adobe Stock

公式LINEで記事を配信中!

友達追加友だち追加

【監修医師】巷岡彩子

医学博士。 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医。 都内の大学病院や総合病院で研鑽を積み、産婦人科専門医および医学博士号を取得。産婦人科領域全般で豊富な経験を持つ。 現在は不妊治療専門のクリニックにて勤務、ママドクターとして育児や家事と仕事を両立しながら活躍中。

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。