おりものは減らせる?~お悩み体験談から学ぶおりもの対策~

記事更新日: 2023/04/09 TRULY編集部

【助産師・看護師】東衣里

  • 「おりものが多い」という悩みを持つ女性は多くいます。月経と比べて情報も少なく、女性同士でおりものについて話す機会もあまりないかもしれません。

  • TRULYに寄せられたお悩み・体験談からおりものを減らす方法やトラブル予防の対策について一緒に学んでいきましょう。



  • わたしのおりものは多すぎる?量の目安


  • 実はおりものの量の明確な基準は決められていません。個人差がかなり大きいためです。目安として、おりものシートでカバーできず、月経用ナプキンを使用しないといけないくらいだと多すぎる可能性があります。


  • また、おりものは月経周期によって量が増減します。月経後は量が少なく、排卵期に向けて量が増え、卵白のようなとろっとした状態になります。排卵後はおりものの量が減りますが、月経前は再びおりものの量が増える傾向があります。


  • 月経周期とおりものをリンクさせることで、「量が増えてきたからそろそろ排卵日かな」と自分の月経周期を把握する手助けになったり、「月経後なのに急に量が増えた」とトラブルの早期発見につながったりします。



  • 量が多いことによるトラブルと予防法


  • 異常ではなくても、おりものの量が多いとトラブルが起きやすくなります。その中でも代表的なものが肌トラブル。おりものの量が増えると、デリケートゾーンは蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい環境になります。このため、かゆみやかぶれなどの肌トラブルが起こりやすいのです。

  • おりものに関連したデリケートゾーンの肌トラブルには、下記のような対策があります。


  • ・通気性の良い下着

  • ・おりものシートをこまめに交換

  • ・デリケートゾーン用のウェットシートや、トイレットペーパーに吹き付けて使う拭き取り剤の使用

  • ・デリケートゾーン用の弱酸性、穏やかな洗浄力の石鹸の使用


  • 特に月経周期で、おりものが多くなるタイミングで対策を強化して、トラブルを防ぎましょう。



  • おりものを減らす方法はあるの?


  • 対策をしても、なかなか悩みが改善しないと「おりもの自体を減らしたい」と考えてしまいますよね。おりものは減らすことができるのでしょうか。


  • おりものを減らせる可能性がある方法の一つが「低用量ピルの使用」です。ピルを使うことで排卵をなくせば、おりものが減る可能性が考えられます。他にも漢方による改善がみられることもあります。


  • また、おりものが多いことの原因で可能性が考えられるのが、「子宮腟部びらん」です。

  • 子宮の下側(膣との境目)の部分が、びらん(ただれている)ように見える状態のことです。これは月経のある大人の女性の多くに見られるもので、病気ではありません。

  • 通常は症状がないのですが、おりものが増えたり、不正出血が見られたりすることがあります。その場合は、婦人科で膣の洗浄や膣剤の投与などを受けます。それでも良くならなければ、レーザー治療などが選択されることもあります。


  • これらのおりものを減らす方法については、婦人科で相談することができます。



  • おりものの悩み 我慢せずに専門家に相談を

  • 大切なことは自分にとっての「いつも通り」を知っておくこと。おりものが明らかにいつもと違うときは、感染症や病気のサインの可能性があり、まず婦人科で相談が必要だからです。


  • ・悪臭がする(正常なおりものはにおいが無い、または少し酸っぱいにおい)

  • ・かゆみがある

  • ・濃い黄、緑、茶などの色がついている

  • ・クリームチーズのようにぽろぽろしている

  • ・泡立っている


  • 量が多いだけでなく、このようなおりものに関する症状がある場合は、早めに婦人科へ。


  • 「自分のおりものは大丈夫?」と心配な時、「おりものに関連する悩みを解決したい」と思った時は、ぜひ専門家に相談してみましょう。



  • おりものに関する記事はこちら☞年齢によっても変化する?~おりものは身体からのサイン~

ライタープロフィール

【助産師・看護師】東衣里

助産師として大学病院産科病棟・外来にて勤務。その後、大手百貨店で妊娠・出産・育児を中心とした相談業務を担当。また、都内複数の区からの委託を受け、こんにちは赤ちゃん訪問(出産後の新生児訪問)にも従事。 現在はTRULYにて、チャット相談業務や記事執筆などを担当。地方に移住して、リモートワークという形で仕事とプライベートの両立を実現。自身も、働く女性・一児の母として、困っている女性の気持ちに寄り添った、実現可能なアドバイスを心がけている。

他の記事も読みたい方へ

記事ページTOPはこちら

「TRULY」公式アカウントです

女医や専門家による正しい情報を配信中!

友達追加友だち追加はこちら

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

更年期カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。