更年期

更年期は「ゆれる時期」、閉経後は「弱くなる時期」です。

更年期は月経が不順となる45歳から55歳くらいまでの期間を指します。女性は思春期があるように、誰にでも訪れます。40代に入ると女性ホルモンが急激に減少し、更年期の症状が出始めること事が多く、数年続きます。閉経の平均時期は50歳頃で、60歳になると、卵巣からのホルモン分泌は、ほぼゼロ0になります。

女性ホルモンは骨や脂質の代謝などに影響し、更年期以降、循環器系の病気のリスクが高まります。

女性ホルモンの急降下が起こると、働きが悪くなった卵巣をもっと動かそうと、脳が興奮状態になります。この脳の混乱により自律神経が刺激され、様々な症状が現れるのです。

このように、女性はホルモンによって、身体やこころの状態が左右されるのです。

人生100年の時代と言われる現代、閉経後の人生もホルモン補充などを通して、ホルモンとどうつき合うかを考えることは、美しい生き方につながるかもしれません。

関連記事

話題のキーワード

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。