セックスからオーガズムを感じるのは男性の9割、女性の4割。「オーガズムギャップ」のリアルとは?

記事更新日: 2023/01/27 TRULY編集部

【リレーションシップコンサルタント】此花わか

  • オーガズムに男女格差があることを知っていますか?男女のオーガズムに対する感じ方や考え方の違い、なぜ男女格差があるのかを此花さんが解説します。



  • こんにちは。リレーションシップコンサルタントの此花わかです。

  •  

  • アメリカの性科学者のエイヴァ・カデル博士が男性906名、女性535名の計1441名を調査したところ、女性の66.3%、男性の30.6%がオーガズムをフェイクしていたそう(※1)。

  • また、別調査で1,008人のアメリカの成人女性を対象にしたものでは、オーガズムをフェイクしたことのある女性は全体の約59%もいました。なぜ、男性よりもはるかに多くの女性がオーガズムを演技するのでしょう?

  •  

  • ジェンダーギャップは男女の格差を表しますが、実はオーガズムにも男女格差が存在するのです。「オーガズムギャップ」とは、異性間の性行為において、男性のほうが女性よりもオーガズムを感じることが多いという事実を指します。

  •  

  •  

  • 様々な調査でオーガズムギャップが明らかに!

  • フロリダ大学教授のローリー・ミンツ博士が約800人の大学生を調査したところ、女性の39%、男性の91%がパートナーとのセックスで”ほとんどいつも”オーガズムを経験することが分かりました。(※2)

  •  

  • さらに、アメリカの52,500人以上の成人(レズビアン、ゲイ、バイセクシャルを含む)を調べた2016年の研究によると、ヘテロセクシュアル(異性愛者)男性の95%がセックスで”ほとんどいつも”オーガズムを感じていると答えた一方、ヘテロセクシュアル女性のなかでそう答えたのは65%しかいなかったそう。(※2)

  •  


  • レズビアンとヘテロセクシュアル女性の間にもオーガズムギャップが!

  • 男性の場合、オーガズムに性的指向は影響されておらず、ゲイ、ヘテロセクシュアル、そしてバイセクシャルの間にはオーガズムギャップがなかったと判明。

  •  

  • 同様に、800人の女子大生を対象にした調査では、39%の女性がセルフプレジャーでいつもオーガズムを感じると答えたのに対し、男性パートナーとのセックスでいつもオーガズムを感じると答えたのはたったの6%でした。(※3)

  •  

  • レズビアンのセックスやセルフプレジャーからはオーガズムの確率が高いのに、女性にとって男性とのセックスではなぜオーガズムの確率が低くなるのでしょうか?

  •  

  •  

  • 男性目線で表現されてきた女性のオーガズム

  • 先述したフロリダ大学のミンツ教授は、オーガズムギャップの原因は”クリトリスが無視された文化”にあると主張します。

  • 現実に、クリトリスへの刺激によるオーガズムのほうが腟内オーガズムよりも得やすいという統計は多数あります。

  • 2015年にGfK Knowledge Panelというオンラインパネルが1,055人の女性を対象に行った調査では、81.6%の女性が挿入だけでは(クリトリスを追加で刺激しないと)オーガズムを感じず、挿入だけでオーガズムを得られると言う女性はわずか18.4%だったのです。(※4)

  •  

  • それなのに、映画やドラマでは、女性がオーガズムを感じるのは”挿入によるシーン”がほとんど

  • また、AVでは”潮吹き”が女性のオーガズムのように表現されています。AVに見る”潮吹き”のほとんどは演出であり、作られたフィクション

  • 実際に、世界の性科学者たちも”潮吹き”に関しては統一した見解に至っていません。ただ、潮の主成分は尿であることが分析されています。

  •  

  • このように、女性のオーガズムは腟内で得られるもの、あるいは男性の射精に似たものとしてメディアで描かれています。それにより、女性のオーガズムは”挿入により達成される”と多くの人々が思い込み、クリトリスへの刺激は単に”前戯”として軽視されているのでしょう。

  •  

  • 実際に、セックスは男性の射精により終わるものだと多くの人が思っているのではないでしょうか?

  • だからこそ、射精によりテストステロンが急激に下がり、ひとりになりたくなる男性の本能を”賢者タイム”などという言葉でセックスを締めくくるのが社会で許容されているのです。

  • 女性がオーガズムを感じていなくても、射精でセックスが終わりだと広く信じられているからこそ、オーガズムギャップが生じている一因でしょう。

  •  

  • オーガズムギャップは日本の既婚カップルの過半数がセックスレスだという現象にもつながっているのかもしれません。次の記事ではオーガズムギャップを縮める方法について記したいと思います。

  •  


  • 【参考】

  • ※1……Loveology University

  • ※2……The 'orgasm gap': Why it exists and what women can do about it - NBC News

  • ※3……The Orgasm Gap: Simple Truth & Sexual Solutions - Psychology Today

  • ※4……Women's Experiences With Genital Touching, Sexual Pleasure, and Orgasm: Results From a U.S. Probability Sample of Women Ages 18 to 94 - Journal of Sex and Marital Therapy

  •  


  • リレーションシップコンサルタント此花わかさんのシリーズはこちらからご覧ください。

ライタープロフィール

【リレーションシップコンサルタント】此花わか

ジャーナリスト/リレーションシップコンサルタント。アメリカの性とリレーションシップのコーチングスクールで学ぶ。セックスポジティブな社会を目指す「セクポジ・マガジン」を発信中。FRaU 、Newsweek、Huffpost、SPA!、FRONT ROW、GLITTERなどで執筆。 セクポジ・マガジン:konohana.theletter.jp Twitter: @sakuya_kono Instagram: @wakakonohana

他の記事も読みたい方へ

記事ページTOPはこちら

「TRULY」公式アカウントです

女医や専門家による正しい情報を配信中!

友達追加友だち追加はこちら

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

更年期カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。