【体験談】人には言えない膣のトラブル…乾燥による痛みやかゆみはどうしてる?

記事更新日: 2021/11/08 TRULY編集部

TRULY編集部

  • 更年期の女性たちは、日々さまざまな体の変化と向き合っていますが、そのなかでも人に言いにくいものいえば膣に関する悩み。乾燥、かゆみ、痛み、おりものなど、悩みの幅は広く、個人差が大きいのも特徴です。


  • そこでTRULYでは、40歳以上の女性を対象に、膣にまつわるトラブルに関するアンケートを実施しました。更年期世代の女性たちが抱えているリアルな悩みや対処法などについて、ご紹介したいと思います。


  • ケース1 ホルモンバランスが乱れたから(66歳・女性の場合)

  • 60代に入ったころから、膣にかゆみを感じるようになったというこちらの女性。何かに集中しているときは忘れられるそうですが、かゆみから来る不快感が強く、イライラしてしまうことが増えたと話します。


  • その後、病院で検査をしたものの特に悪い菌が見つかることなく、異常もなかったため、医師からは「ホルモンのバランスが崩れたことによる症状」という説明を受けたそうです。現在処方されているのは、皮膚の炎症を抑える働きのあるアンテベート軟膏と、膣炎などに効果のあるエストリール膣錠。症状が出た際に、いずれかの薬を使って対処しているのだと言います。


  • 膣のトラブルを抱えている方へアドバイス

  • とにかく不快だとは思いますが、一人で悩み過ぎることなく、まずは婦人科に行って相談することをオススメします。


  • ケース2 乾燥が原因で痛みを感じるように(62歳・女性の場合)

  • こちらの女性が抱えている悩みは、膣の乾燥。50歳を過ぎた頃から症状が出るようになり、乾燥による痛みを日常的に感じることもあるのだとか。そのなかでも特に痛みを感じるのは排尿時だそうです。


  • 膣の乾燥がひどくなったのは閉経してからのようですが、医療機関で膣内部の診察を受けたのち、処方されたジェル状の軟膏と膣に入れる錠剤で現在は治療を続けていると言います。


  • 膣のトラブルを抱えている方へアドバイス

  • 膣の乾燥や違和感を覚えたら、迷わずに医師の診察を受けて相談してください。あとは、定期健診も必ず受けるようにしましょう。


  • ケース3 更年期に入ってから症状が顕著に(52歳・女性の場合)

  • 「40代半ばから膣の悩みを抱えるようになった」と話すこちらの女性。かゆみを感じたり、できものが出てしまったりするようになったと明かします。日常生活に支障をきたすほどではないものの、ムズムズとした感覚を味わうことがあるのだとか。これらの症状は、いずれも更年期になってから経験したものだと言います。


  • 膣のトラブルに関して、これまでに医師の診察を受けたことはないそうですが、自分なりに心がけているのは、膣をつねに清潔にすること。おりものシートを毎日つけ、こまめに取り換えて対策しているそうです。


  • 膣のトラブルを抱えている方へアドバイス

  • 繊細な問題なので、精神的な苦痛が大きくなる前に、なるべく早く対処するようにしてください。


  • そのほかには、「歩行時やしゃがむなどの動作をするときに痛みがある」「無性にかゆくなるときがある」「臭いが他人に気付かれていないか心配」「おりものが増えた」といった声も多数上がりました。医療機関の受診をためらっている人もいるようですが、処方された薬で治まっている人も多いようなので、悪化してからではなく、違和感があればすぐにでも診察を受けるようにしましょう。早めに予防したい人は、膣内環境を整えるような食生活やデリケートゾーン専用のサプリなどを試してみるのもオススメです。

公式LINEで記事を配信中!

友達追加友だち追加

TRULY編集部

信じられる情報を、安心できる寄りどころを。

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。