【体験談】薄毛、うねり、パサつき、湿疹…更年期に増える頭髪トラブルとは?

記事更新日: 2021/10/30 TRULY編集部

TRULY編集部

  • これから寒さが厳しくなるなか、心配なのは乾燥が引き起こすさまざまなトラブル。ダメージを受けやすい肌はもちろんのこと、髪や頭皮にも大きな影響を及ぼします。それに加えて、更年期の女性たちは女性ホルモンの減少や加齢による変化も重なってしまうため、いままで以上に髪や頭皮の悩みを抱えてしまう人も多いはずです。


  • そこでTRULYでは、40歳以上の女性を対象に、頭髪トラブルに関するアンケートを実施しました。実際の症例や対処法、オススメのヘアケア商品などについて、ご紹介したいと思います。


  • ケース1 ホットフラッシュで頭皮に炎症(54歳・女性の場合)

  • 更年期に入ったことがきっかけで、髪質や頭皮が変わってしまったと話す50代の女性。ホットフラッシュが原因で、頭皮に炎症が起きてしまったことがあるのだとか。炎症に関しては、皮膚科で塗り薬を処方されており、現在治療をしている最中だそうです。


  • そのほか、大きな悩みとなっているのが髪の毛のうねり。40代から髪の毛のうねりを感じている人は意外と多く、アンケートでも「うねりでうまくスタイリングできない」「髪がうねって広がってしまう」といった声が上がりました。うねりの原因とされているのは、頭皮の老化による毛穴のゆがみや水分不足など。以前にはなかった髪のうねりを感じるようになったら、頭皮の環境を整えることから始めるのが効果的のようです。


  • 頭髪のトラブルを抱えている方へアドバイス

  • 更年期になると肌質も変わるように、髪の毛も変化するので、それに合わせて対応する必要があると思います。私の場合は、「ダイアン」のシャンプーと柚オイルを使い、髪のツヤをアップさせることで、いまのところは少し改善されています。頭皮に症状がある場合は、皮膚科に行くのがオススメです。


  • ケース2 加速する薄毛とボリューム不足(42歳・女性の場合)

  • こちらの女性はまだ更年期ではないものの、35歳くらいから徐々に変化を感じるようになり、現在は薄毛と髪のボリューム不足に悩まされていると明かします。回答者のなかにも、30代後半から40代前半くらいから髪の悩みが増えたと答えている人は多く見受けられました。年齢とともに低下する女性ホルモンによってヘアサイクルが変化することもありますが、そのほかに生活習慣の乱れやストレス、睡眠不足など、さまざまな原因があると言われています。


  • 髪にコシがなくなってしまったことで、分け目が目立つのが気になっていたこちらの女性は、シャンプーとコンディショナーに「パンテーン」のボリュームアップ用のシリーズ、ケアには生薬配合の薬用育毛エッセンス「モルティ」を使っているのだそう。その結果、以前よりもつむじや分け目が少し目立たなくなってきたと感じてると言います。


  • 頭髪のトラブルを抱えている方へアドバイス

  • 年々、髪の毛の質や量の変化を感じてはいますが、まずは年齢のせいにして諦めないことです! 薄毛も自分に合うヘアケア商品と出会えれば改善できるので、いろいろと試してみましょう。


  • ケース3 更年期でハリとコシがなくなった(52歳・女性の場合)

  • 髪や頭皮にさまざまな悩みがあると打ち明けるこちらの女性。10代の頃から髪のパサつきなどの問題を抱えていたそうですが、更年期に差しかかってからは髪質がさらに変化してきたのだとか。具体的には、「ハリとコシがなくなった」「髪が細くなった」「ボリュームがなくなった」など。さらに、頭皮が乾燥し、湿疹ができるようになったと言います。


  • これまでに医療機関の診察を受けたことはなく、なるべく髪によさそうなものを食べるようにしたり、ボリュームアップ用のシャンプーとリンスを使ったりして対策。現時点では、自分なりの方法を試しながら、様子を見ている段階だそうです。


  • 頭髪のトラブルを抱えている方へアドバイス

  • 偏食には気を付けること。あとは、女性ホルモンバランスがよくなる食生活や髪の毛のもととなるタンパク質をなるべく多く摂取することなどが大事なので、普段食べるものから注意するようにしましょう。


  • そのほかに上がった悩みとしては、頭皮のベタつき、臭い、フケ、かゆみ、抜け毛、白髪など。回答者のなかには、「h&s」「デオコ」といったスカルプケアに特化したシャンプーやコンディショナーを使っている方や薬用育毛剤でのマッサージ、オーガニックヘアオイルなどを日常的に使いながら、それぞれの悩みに合った商品を自分で探している人が多く見られました。ただ、症状がひどい場合は、セルフケアに頼るのではなく、早めに専門家や医療機関を訪ねることをオススメします。髪の毛や頭皮の状態は、見た目の印象を大きく左右するだけに、いつまでも美髪を保てるように意識を高めましょう!

公式LINEで記事を配信中!

友達追加友だち追加

TRULY編集部

信じられる情報を、安心できる寄りどころを。

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。