【みんなの相談】閉経後の手のこわばり。治療方法について教えてください。

記事更新日: 2021/04/08 TRULY編集部

TRULY編集部

  • 相談者:55歳 女性 「ストレス・更年期」の相談



  • 悩み&症状:「手のこわばり」

    • リハビリに通っているが症状が改善しない
    • 漢方を飲んでからは起床時にはこわばるが、日中は軽快することもある

  • 知りたい事:「今後の治療方法について」




  • 相談者
    55才で最終月経54才です。現在、整形外科と漢方内科に通っています。


    ある日突然、朝の起床時に強烈な手のこわばりを感じ、1日中むくんでいて力がうまく入りませんでした。


    リウマチの可能性があると思い整形外科を受診しましたが、血液検査の結果、リウマチではありませんでした。


    次に首の写真を撮ったところ、首から手のこわばりがきていると言われ、リハビリに通うようになりました。


    リハビリにはほぼ毎日通っていたのですが症状が変わらないため、漢方内科を受診したところです。


    漢方を飲み始めて2週間で、起床時のこわばりはありますが、日中には気にならなくなる時もあります。


    リハビリは今までも続けています。


    今後、どのように治療していけばよいのかご相談したいです。


    完治するのか不安です。よろしくお願いいたします。


  • 医師
    ご相談ありがとうございます。


    閉経したためのエストロゲン低下による症状の可能性があります。


    市販薬ですとエクオールのサプリメントが効く場合がありますので、お試しになってはいかがでしょうか。


    改善を認めない場合には婦人科を受診し、ホルモン療法を行うことで改善する可能性がありますので、受診をご検討ください。


  • 相談者
    ご回答ありがとうございます。エストロゲンが低下すると本で読み、エクオールのサプリメントを飲み始めて3ヶ月ほどです。


    改善されているのがこのサプリメントの成果なのかどうかは、漢方も飲んでいるので不明ですが、もう少し続けてみようと思っています。


    ホルモン療法で副作用のようなものはないでしょうか?教えてください。


    速攻性があるならそちらも検討したいと思いますが、その場合は漢方はやめた方がよいでしょうか?


    ご教示いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。


  • 医師
    副作用としては不正出血があげられます。


    乳癌に関しては少し増えると言われていますが、きちんと検診をしていただければ問題ないでしょう。


    また、5年以内の投与が良いとされています。


    しかし以前ほど問題ないと言われることが多いです。


    漢方薬の併用、エクオールサプリの併用も問題ありません。


    どうぞ婦人科でご相談いただければと思います。


  • 相談者
    もう少し様子を見てこれ以上改善されなかったら、婦人科を受診したいと思います。


    ありがとうございました。

    • 本コンテンツはお客様の体調・健康管理に役立つ参考情報の提供を目的としております。ただし、本コンテンツはあくまで一般的な情報の提供を目的としており、お客様個人の心身の状態を踏まえた疾患の罹患可能性の提示・診断等の医学的判断を伴うものではありません。また、お客様の個別のご体調や健康状況等によっては提供される情報が必ずしも適切ではないおそれがあります。
    • 当社は、本コンテンツにより提供される情報の確実性、有用性、完全性を保証するものではありません。ユーザーは本コンテンツより得た情報をユーザーご自身の判断と責任においていただくことについて予め承諾いただきます。
    • 本コンテンツより提供される情報に従い行った行為の結果については、当社及び当社が契約する医師は一切の責任を負いかねます。
    • ご質問いただいた相談内容は、個人が特定されないよう充分に配慮し、サイトに公開させていただいておりますが、間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

公式LINEで記事を配信中!

友達追加友だち追加

TRULY編集部

信じられる情報を、安心できる寄りどころを。

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。