【質問】体が鉛のように重く、何もする気が起きません。どのような病院を受診すれば良いでしょうか? また、日常生活で対策できることはありますか?

記事更新日: 2020/06/22 TRULY編集部

【監修医師】加藤智子

  • 質問

  • 体が鉛のように重く、何もする気が起きません。どのような病院を受診すれば良いでしょうか? また、日常生活で対策できることはありますか?


  • 回答

  • 更年期症状のひとつとして、何に対してもやる気が起こらず、気分が落ちこんだり、無気力・無感動・無関心になることがあげられます。例えば、主婦なら家事や子育て、会社員なら仕事をする気がなくなるといった症状です。しかし、他人からは気づきにくく理解されないため、なまけていると評価されてしまうことも少なくありません。


  • 女性ホルモンの減少が主な原因ではありますが、性格や環境も関与があるといわれ、

  • ・主体性がなく、誰かに言われた通りに行動する

  • ・勝敗にこだわり、他者と比較する傾向がある

  • ・完璧主義

  • ・人と接する機会が少ない

  • ・若いころにうつ病にかかった

  • といった特徴や環境にある人は、より発症しやすいといわれています。


  • 症状が軽い場合は、外に出て適度に運動をする、新しい趣味をみつける、人と話す機会を増やすといった生活習慣の改善などで症状が軽くなることがあります。少し自分を休ませてあげるという考え方も大切でしょう。しかし、症状が悪化し日常生活に支障がある場合は、婦人科、内科、心療内科などを受診し専門医に相談されるのもよいでしょう。更年期症状と思い込んでいたら、不安障害、適応障害、うつ病、双極性障害、甲状腺疾患など専門治療が必要な疾患が見つかる場合もあります。


  • (C)Adobe Stock

公式LINEで記事を配信中!

友達追加友だち追加

【監修医師】加藤智子

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医。 日本医師会認定産業医。 日本抗加齢医学会認定専門医。 NPO法人女性と加齢のヘルスケア学会更年期カウンセラー。 検診マンモグラフィ読影認定医。 日本気象予報士。 食生活アドバイザー、他。 浜松医科大学医学部医学科卒業。 妊娠や子育て、不妊治療、婦人科疾患など女性の一生をサポートし不安や悩みに応えるべく、多様な資格を活かしたトータルケアを目指し活躍中。

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。