【質問】低容量ピルを飲んでいる人は、更年期が始まったら飲むのをやめた方がいいですか? また、低容量ピルを飲んでいると、更年期症状は軽いと聞いたことがありますが本当ですか?

記事更新日: 2020/06/29 TRULY編集部

【監修医師】 中野ひとみ

  • 質問

    低容量ピルを飲んでいる人は、更年期が始まったら飲むのをやめた方がいいですか?

    また、低容量ピルを飲んでいると、更年期症状は軽いと聞いたことがありますが本当ですか?


  • 回答

    低用量ピルは、排卵を抑制したり子宮内膜を厚くさせないことなどによって避妊効果を示します。他にも、生理不順を改善したり生理痛を緩和するなどの副効果もあり、保険適応のピルも発売されていて、現在多くの女性が内服しています。ピルを飲み続けることで、服用をストップした後、妊娠しづらくなるのではないかと心配する人もいますが、そのような報告はありません。血液検査や子宮頸がん検診など定期健診を受けながらであれば、何年でも飲み続けることができます。


  • 望まない妊娠を予防したり、月経困難症や生理不順、月経前症候群(PMS)などの緩和・改善に役立つピルですが、重大な副作用に血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)があります。肥満や喫煙などのリスクがない若い人だとそれほど血栓症を発症する確率は高くなく(10万分の1:乗っている飛行機が墜落するぐらいの確率)、内服によるメリットの方が大きいので、必要があれば積極的にピルの内服をおすすめしています。ただし40歳以上になると血栓症のリスクが高まるため、内服には慎重にならなければなりません。


  • 「更年期障害」にはピルではなく他の種類のホルモン剤を用いるのが一般的で、更年期症状の予防や緩和のためにピルを内服するのはあまりおすすめできません。

公式LINEで記事を配信中!

友達追加友だち追加

【監修医師】 中野ひとみ

日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医。鹿児島大学医学部卒業。 総合病院産婦人科や不妊治療クリニック勤務など、婦人科医として10年以上の経験を持つ。 患者さんの声に耳を傾け向き合ってきた、女性の心に寄り添うことのできるドクターとして、現在は都内クリニックの産婦人科で活躍中。

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。