セックスの悩み

エストロゲンの減少によって、セックスの時の痛みや出血などが起こることがあります。それは、膣の分泌液が減り、膣の粘膜が乾燥しやすくなったり、膣内の弾力がなくなり萎縮してしまうためです。このような症状は、セックスの頻度やよろこび感度、満足度に影響し、パートナーとのコミュニケーションがうまく図れなくなるといったストレスが原因で、更年期の症状が重くなることもあります。

一方で、「セックスで女性ホルモンが増える」とよく言われますが、そのような医学的根拠はありません。

女性が閉経に向き合う人生の中で、女性らしく人生を謳歌するためにも、「性」の悩みに直面した時は、正しい知識の中で、正しい解決をしていくことが大切です。

女医が回答!女性ホルモンQ&A

関連記事

話題のキーワード

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。