【みんなの相談】取り除いたミレーナ(子宮内黄体ホルモン放出システム)をもう一度試したい!

記事更新日: 2020/11/18 TRULY編集部
  • 相談者:44歳 女性 「生理」の相談



  • 相談者
    数年前に月経過多のためミレーナを入れました。先日の三ヶ月検診でずれていることが判明し、不正出血と腹痛が止まないこともあり、取り除いてもらいました。


    月経周期が短く24日くらいになってきている上に、1日目と2日目の量が多く不快です。夜用のタンポンが3時間もするとナプキンまでびっしり漏れ出すほどです。


    さらにこの頃は頭痛やイライラがひどく、更年期ならば再びミレーナにトライしたいと思っていますが、可能でしょうか?


    タンポンも落ちてきてしまいそうなくらい膣トレができてないのですが、ミレーナがまた落ちたりずれたりしないかも不安です。


  • 医師
    ご相談ありがとうございます。


    子宮の状況が分かりませんが、大きな子宮筋腫や子宮腺筋症がなければミレーナをもう一度トライしてみてもよいと思います。過多月経になっているのは明らかです。


    ただし2回脱出するようであれば、ミレーナ以外の方法を試した方が良いと思います。ミレーナが落ちる原因は膣のせいではありませんので、その点は心配しなくてもよいと思います。


  • 相談者
    婦人科では月経量については、ディナゲストの服用をすすめられました。


    ミレーナの経緯も話しましたが、異物なので量が多い人は経血とともに流れ出してしまうことがあるという説明でした。ミレーナでもよいですが、自分で選んでくださいと言われています。


    また、貧血検査をしてもらいましたが異常なしでした。貧血レベルでないと過多月経ともいえないのでしょうか?


  • 医師
    子宮内にポリープや子宮筋腫がなければ、ミレーナは過多月経の治療として適しているように思います。


    貧血がなくても出血量が多く困る場合は、過多月経と考えています。我慢する必要はありません。


    ディナゲストは1日2回内服する必要があることと、最初は不正出血の頻度が多いことが問題としてあります。でも飲み続けていくことで、月経や痛みのない快適な生活を送ることができます。私の患者さんも多くの方が服用しております。


  • 相談者
    ここ2ヶ月程頭痛とクラクラする症状もあったのですが、ホルモン値は2年前に問題なかったことから今回検査せず、PMSでしょうという診断でした。漢方薬の加味逍遙散(カミショウヨウサン)を処方してもらいました。


    1ヶ月漢方薬を服用して再受診する際に、ミレーナ なのか、ディナゲストを飲むのか、出血の多いのを今まで通りやり過ごして閉経を待つのか、自分で決めて申し出ることになっています。


  • 医師
    PMSに対してはミレーナでは効果が弱い可能性もあるのですが、ディナゲストを飲むとホルモンがある程度一定に保たれるので、症状の波は出にくくなるかもしれません。


    まずは漢方薬の効果を確認してみてください。また頭痛がひどい場合には偏頭痛の可能性もあるので、頭痛外来をお勧めします。


    全てをご自分で決めるということは難しいですが、試してみないとわからないこともあります。主治医の先生と相談されてより良い治療法を選択できるとよいですね。


  • 相談者
    アドバイスありがとうございます。漢方を飲みながら1ヶ月考えたいと思います。


    自分はずっとひどい月経痛と出血に付き合って生きてきましたが、治療の進歩でそれを我慢しなくてもよい時代なのだとしたら、娘がいるのでぜひ教えてあげたいです。


    ミレーナの服用忘れもなく、出血が少なくなる効果にとても魅力を感じていて、自分の経験としても話してあげられたら、という思いもあります。


    頭痛に関しては、実は偏頭痛持ちですが、偏頭痛とはまた違う慢性的な痛みだなと感じています。


    ストレスや悩みが重なったこともあり、精神的な要因かなとも考えています。生活と体質の改善も心がけてみます。

  • ・本コンテンツはお客様の体調・健康管理に役立つ参考情報の提供を目的としております。ただし、本コンテンツはあくまで一般的な情報の提供を目的としており、お客様個人の心身の状態を踏まえた疾患の罹患可能性の提示・診断等の医学的判断を伴うものではありません。また、お客様の個別のご体調や健康状況等によっては提供される情報が必ずしも適切ではないおそれがあります。

  • ・当社は、本コンテンツにより提供される情報の確実性、有用性、完全性を保証するものではありません。ユーザーは本コンテンツより得た情報をユーザーご自身の判断と責任においていただくことについて予め承諾いただきます。

  • ・本コンテンツより提供される情報に従い行った行為の結果については、当社及び当社が契約する医師は一切の責任を負いかねます。

  • ・ご質問いただいた相談内容は、個人が特定されないよう充分に配慮し、サイトに公開させていただいておりますが、間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

公式LINEで記事を配信中!

友達追加友だち追加

・このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません。

・専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください。

カテゴリ一覧

TRULYについて

TRULYのコンセプト

- 私たちの想い -

もっと見る

医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療ではなく、正確性や安全性を保証するものでもありません。適切な診断・治療を求める場合は、医療機関等を受診してください。本サービスの情報や利用に際して発生した損害について、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。